スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の瀬・・・

毎年不思議なのが、クリスマス年末年始の出費がしんどい、という世間の声。
というより友達からの「金欠~」という電話。

私個人の経験では、年末年始に支出が増えた記憶がないような・・・。
なぜ年末年始はしんどくなるの?

一部企業では12月はボーナスも出ているでしょうし、おせち料理や
お年玉ったってたかがしれているだろう、と。

正月前には クリスマスも入るのでプレゼントもあるんでしょうけど。

私個人は今年は年賀状も何百枚出しますし、お歳暮も・・・だからちょっと大変ではありますが
普通のサラリーマン・主婦の方で500枚以上の年賀はがき、20件以上もお歳暮って
あるんでしょうか?

一体この時期、何に使っているのだろう?と毎年不思議でした。

「年末商戦」なんて言葉がありますし、みんな無駄な買い物をなぜかしているのだな、
ということはなんとなくわかります。

わかりますが、ただそれだけでそんなにしんどくなるのか? と。

「忘年会」という、この世で5本の指に入るくらい無駄だと思っている行事が続く人もいるでしょう。

しかし毎回そんなに使うわけではないと思います。

チリも積もれば、的に大きな金額になるのでしょうか?

なら行かなきゃいいのに。 でも行かねばならない時もある・・・。

あとは帰省かな? 交通費って馬鹿にならない。
交通費は確かに高いですから、これはなんとなくありそうかなと思います。
遠くへ嫁いだ友達はちょっと大変かな。

他に何があるだろう? 一体この時期、何に使っているのだろう?


この時期に限らず、ちょっと高いレストランは満員で、並ばないと入れない所が多い。
そこを通り過ぎるたびに「みんなお金あるなあ」と感じますし、街角のカフェなんかは
オシャレ度が増し、値段が増すほど、びっくりするほど混んでいる。

みんな余裕あるじゃん、と思ってしまう。


今日久々に SDカード買いに行ったら携帯コーナーとテレビなど
家電品はレジも長蛇の列・・・。

仕事上、結構音声を録音したり、あと実は写真を撮ったりするので、
思いのほかSDカード需要があるのですが、人酔いしそうになって 買い物はあきらめました。

年末だし、そんな驚くほどのことでもないじゃないというツッコミがあるかもですが、
驚きました。

数えきれないほどの人間が、そこにいたわけです。
思わず

「不況って、どこにいったんだ?」

と・・・。

あらゆる商品やレジというレジに長蛇の列ができ、まっすぐ歩くことすらもままならない状況。
携帯電話のコーナーにすら数えきれないほどの人が大挙をなして押しかけてました。

そこでも思わず

「あんたらそんなに携帯壊れてんの?」

と、自分の酷使している携帯を見ながら心の中でつぶやきつつ、
不況とか、お金がないとか、そういうことって一体何なんだろうと
改めて考えるきっかけをもらいました。

私の携帯電話は、たまにバグります。 もうボロボロです。

しかし、必要を感じないし使いなれているのを手放せなくて、機種変更をする気もならない。

ところが先日見た光景は、明らかに壊れておらず、どちらかと言うとまだきれいな携帯電話を片手に
より「ナウでヤング」(死語~)なものに機種変更しようと列を作っていた。

「地デジ対応のテレビ買わなきゃ」という人でテレビコーナーは大盛況。

買わなきゃって・・・乗り遅れることへの不安? それとも法律なの?

3Dテレビは 予想をはるかに上回るしょぼさ・・・。
このテレビに 人生とプライドをかけて開発した数多の方々には心から申し訳ないと思いますが、
完全に才能とお金の無駄遣いだと感じてしまった。

どこを見ても両手にでかい荷物を抱え人、人、人。
そして楽しそうに店を後にしていきます。

一体何をそんなに買うものがあるのだろう?

私は「食」以外に趣味も少ないし生きていく上で必要なものも少ないので、
自分自身が買うものがあまりないです。

女ですが 宝飾品にもブランド品にも興味がないし、家電もそれほど興味なし。
パソコンも、仕事で必要だから使うだけで、本当は苦手かも。
本1冊に何万円もかけるなど価値ある本にはそれなりのお金を投下しますが、
旅行もしないし、煙草も吸いません。

使うところと使わないところの差が激しいのかな?

本や食べる事にはわりと使います。

尊敬する方の勉強会&食事会で10万円を出して「何て安い買い物をしたんだ」と思いながら、
1Q84を買って読んだときは、「めっちゃ高い!なんや コノ本!?」と叫ぶ私・・・。


でも、「お金がないお金がない」「今月ピンチだ」などと言っている人に限って、
どう考えても無駄なものばかり買っているように見えるのは、気のせいなのでしょうか・・・。

だからあんたお金ないんじゃないの、と言ってしまうのは タブーなのでしょうか・・・。


世の中に無駄というものがあるのかどうか。

たとえば、ネット社会がここまでくると、新聞やテレビにお金を払うのは無駄だと感じますし、
忘年会や新年会も無駄だと思っています(私的には お酒を飲み、酔っている時間が無駄です)。

ただ、それはあくまでも個人的かつ相対的な話。

普遍的かつ絶対的に無駄なこと、無駄なものというのは、おそらくないと思います。

つまり、1日24時間という有限性の中で、やれることは極めて限られていて、
その中で何を成すのか、という問題です。

好むと好まざるとにかかわらず、生きていくとは、用意された無限の可能性の中から、
必ず何かを選択していくことを意味するわけで・・・。

1日1時間を無為に過ごした場合、1年で365時間無為に過ごすことになります。

365時間というのは、二週間以上になります。

一日たった1時間を無駄にするだけで、年間二週間、丸々無駄にしているということの意味を、
せっかくの年末年始ですし、よくよく考えてみるべきだと思いました。

反対に考えると、今よりも毎日1時間ずつ有意義な時間を増やせば、
二週間神様からプレゼントされたようなものだということでもあります。

二週間あれば、なにができる? ・・・結構な時間だと思うわけです。

「頭がよくなりたい」と思いながらテレビを見ているのはどう考えてもおかしい かと。

お金を稼ぎたい = 成功  と思っているサラリーマンがいたとして、
そのサラリーマンが仕事終わりに同僚と飲みに行くのは ちょっと考えもの。

成功というのは、人が寝てる間にどれだけ努力したかで達成できるか・できないかが
決まるものだと思うのですが、そういう発想はおかしい?

人並みかそれ以下の脳みそしか持たない人間が、人並みかそれ以下の努力で人並み以上の成功
を手にできたら、世の中の秩序という秩序は全て崩壊してしまいます。

そんな不公平な世界は、ありません。

凡人なら、人の三倍努力してようやくスタートラインです。

私もあまり寝ないで頑張っています。
ということは凡人・・・いやそれ以下です。
覚えるという脳の機能があまり発達せず来たので(?)今 必死です。

自分で判断をしながらたゆまず努力をすること。
でもこれが 「最低ラインである」 ということ。

スタートになるのは、いつも「自分の頭で限界まで考えること」。



いろいろ考えさせられました、

という年の瀬・・・。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://motteco.blog20.fc2.com/tb.php/47-3a82d3ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。