スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yahoo!JAPAN が Google の検索エンジンを採用する

ヤフーとグーグルの提携が発表されました。

実は、以前もヤフーは検索エンジンにグーグルを採用していたんですね、
でもヤフーが「YST」というヤフー独自の検索エンジンを開発し、
切り替えたという経緯があります。

ところが、ヤフーはこの「YST」の開発に見切りをつけ、
またグーグルと提携することにしたわけです。

ただ注目すべきは、米ヤフーはマイクロソフトの「Bing(ビング)」を、
日本のヤフーは、グーグルを検索エンジンとして採用することになりました。

同じヤフーでも日米でこれほどまでに大きく方向性が違うのにはいろいろな
事情があると思いますが、ホームページを運営する者にとっては
「ヤフーの検索結果がグーグルになる」ということですから、
近いうちに変化があるでしょう。

これによってどんな影響があるのか・・・。

SEO(検索エンジン対策)としては、今回のことで何か大きく変わる
ということはありません。

今まで通り基本的な対策をコツコツと続ければ大丈夫。
SEOに真面目に取り組んできたホームページにとっては、朗報といえるでしょう。

ヤフーとグーグルが提携するといっても、ヤフーがグーグルになるわけでも無いし、
グーグルがヤフーになるわけでも無い。
今後も、それぞれが 別々に存在することになります。

ただ、キーワードを入れて検索する通常の検索「ウェブ検索」の結果が
ヤフーもグーグルもほぼ同じになるということです。

なので、ヤフーでトップページが検索結果に表示されないとか、
ヤフーでの順位が極端に下落するといった現象は解決に向かうかもしれないですね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。